Profile
宿・ホテル予約ならじゃらんnet

Category
New Entries
オススメリンク
NEC Direct(NECダイレクト)
Links
Recent Comment
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有

国籍留保とは?
0

    中国で出産した場合、子供の"日本国籍の留保"の問題に直面します。

    国籍留保とは、どういう意味なんでしょうか?。

    中国で生まれた子供は、生まれた瞬間に中国国籍を取得します(親の国籍は無関係)。

    何の手続きをしなくても中国で生まれたら中国国籍となるのです。

    戸籍(戸口)の手続きが中国国籍取得と勘違いしている方もいますが、戸籍と国籍とは関係ありません。

    戸籍は行政サービスを受ける為に必要なだけです。

    逆に言うと中国国籍をすでに保有しているから、中国の戸籍に入れることができるのです。

    さらに私のように親が日本人の場合、子は日本国籍も取得できます。

    日本の役所(もしくは日本大使館)へ出生届けをだすと、子は日本国籍を取得します。

    ここで要注意なのが、中国は二重国籍を認めていないということです。

    ですから、普通に日本国籍を取得してしまうと、その瞬間に中国国籍は抹消されてしまいます。

    そこで日本としては中国の二重国籍禁止の法律に配慮して、『国籍留保』という手続きを用意しています。

    これは簡単にいうと、『中国国籍は取得したけど、将来子供が国籍を選択できるように日本国籍も押さえておく』という方法です。

    ただし、留保とは保留という意味ではありません。

    国籍留保と聞くと、最初は中国国籍にして日本国籍は保留しておいて、将来日本国籍に変更すると考えてしまいます。

    これは間違いです。

    留保というのは、将来日本で国籍を選択する権利があるということで、日本国籍となることを保留しているわけではないのです。

    ですから、日本の役所(日本大使館)へ出生届けと国籍留保の申請をした時点で、子は生まれた瞬間から日本国籍を保有していることになります。

    つまり手続きで説明すると、、、

    日本の役所へ出生届けをだすと、日本国籍だけになります。中国側へ中国国籍抹消の連絡がいきますので、中国国籍はなくなります。

    日本の役所へ出生届け+国籍留保の届けをだすと、日本国籍を取得します。しかし中国側へは連絡しないので、中国国籍は有効のままです。

    どうです?、わかりますかねぇ。。。

    国籍留保したケースを具体的に書くと、、、

    日本国内では、"中国国籍の権利"・"日本国籍の権利"の両方を行使できます。

    ただしこれは22歳までです。

    22歳までにどちらを選択しなければなりません。

    中国国内ではどうでしょうか?。

    中国は二重国籍を認めていませんから、中国もしくは日本どちらかの権利しか行使できません。

    国籍留保して中国国籍と日本国籍の両方を保持している子が、中国国籍の権利を行使する分には何の問題もありません。

    しかし日本国籍の権利(例えば日本のパスポート)を中国で使用すると、中国側はその子が二重国籍であることが分かるので、中国国籍を抹消してしまいます。

    そうです、法律違反ですからね。。。

    このように国籍留保というのは、あくまで日本側が『中国で生まれて中国で生活するなら中国国籍でかまわないでしょ。でもどうしても日本国籍としたい人もいるだろうから、国籍留保した子に関しては日本国籍を与えておいて、22歳までにどちらか選ぶ』と規定しているだけなのです。

    中国側にはこのような考え方はありませんから、国籍は1つしか認められません。

    ですから国籍留保して中国で生活し、かつ中国国籍をキープしたい場合は、中国で日本国籍の権利を使用しないように気をつける必要があります。

    具体的には日本のパスポートですね。

    中国からの出入国に日本のパスポートを使うと、すぐにバレてしまいます。

    また中国の日本人学校に入学しようとすると、日本のパスポートと中国滞在ビザが必要となります。

    この場合は中国国籍を抹消して、日本国籍のみにするしかありません。

    いかがでしょうか?。

    わたしの文書力ではうまくお伝えできませんが、国によって制度が随分違うなぁと実感しますね。

    ちなみに私の妻(中国人)は、将来子は絶対日本国籍にするといっています。

    中国人にとって『日本のパスポート』の威力は大変なものですから(笑)。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へ
    にほんブログ村 ← 面白かったら、ポチッとお願いします。

    posted by: ハルウララ | 中国での出産 | 13:31 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    はじめまして。東莞に駐在してる者です。
    中国で子供産まれまして、手続きに頭悩ませてます。
    中国側の戸籍登録は、行政のサービスを受けるのに必要ということですが、具体的にどのようなことでしょうか?
    やはり、中国側の戸籍登録はしておいた方がいいのでしょうか?
    領事館に聞いたところ、国籍留保でも、中国側の戸籍登録はしなくていいということでした。
    国籍留保でも日本国籍は取得するということなので、滞在ビザの代わりに通行書というものを申請して取得し、日本に一時帰国
    する場合、日本パスポートと一緒に提出すればいいという話でした。
    色々調べてみると、中国パスポートと日本パスポートを使いわけている方が多く見られますが、後でゴニョゴニョ問題ないようにと考えています。
    ちなみに、駐在期間は、残り1年です。
    | ブラボー | 2012/10/09 3:57 PM |
    ブラボーさん
    コメントありがとうございます。

    中国の戸籍登録による行政サービスですが、私の知る限りでは大したモノはありません。
    中国パスポート作成、中国の保険加入、公立学校が安いくらいです。
    ブラボーさんは駐在残1年とのことですので、確かに戸籍登録の必要性はないと思われます。
    私の場合は中国に長く住む予定ですので戸籍登録しますが、主な理由は中国パスポート取得のためです。
    海外旅行や日本一時帰国の時、子供は中国パスポートを使っていれば、二重国籍を確実にキープできますから。といっても中国籍の利点は中国滞在ビザ不要という事くらいですけどね(笑)。
    中国パスポートと日本パスポートの使いわけですが、うまくやればできるようです。しかし私自身がやった事がないのでコメントは控えておきます。
    以上、私も現在進行形なのでお役に立てるコメントができないのですが、参考になれば幸いです。
    ハルウララ。
    | ハルウララ | 2012/10/10 9:45 PM |
    実際は日本の国籍留保=日本の国籍取得。中国のパスポートは短期に来日は問題ないですけれとも、長期に日本に生活は不可能です。日本の入国管理局は日本の国籍留保の子に長期在留資格を与えない。入管はこの子は日本人しか認めません。中国のパスポート上の日本Visaは抹消、中国のパスポートは使えなくなります。日本人にとして日本に生活します。実際二重国籍は存在ではありません。私の子はこの悲惨の結果になりました。日中間系の子に対して、中国の国籍は欲しいなら、絶対絶対に日本側に出産届けを出さないでください。出産届け出さなくでも20歳まで日本の国籍を取得できます。日本国籍留保の子は長期来日=中国の国籍を失う。
    | candie | 2013/05/16 8:38 AM |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.shenzhen-navi.info/trackback/282
    トラックバック