Profile
宿・ホテル予約ならじゃらんnet

Category
New Entries
オススメリンク
NEC Direct(NECダイレクト)
Links
Recent Comment
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
【マクロミル】アンケート会員募集中!謝礼ポイント有

中国で出産 その1
0

    最近忙しくて、ブログの更新ができませんでした。

    なぜ忙しいかというと、、、奥様(中国人)が出産するからです。

    予定日は8月20日、、、もうすぐです。

    そこで、中国での出産と手続きについて私の体験談を紹介したいと思います。

    まず、中国では『一人っ子政策』があるため、子供を産むには面倒くさい手続きが必要となります。

    我が家では初めての子供ですので問題なく産めるのですが、『生まれる子供が一人目の子供である』ことを証明しなければなりません。

    この証明書は役所で発行してくれるのですが、奥さんの戸籍のある省まで行かなければならないのです。

    中国では戸籍の移動がとても難しく、ほとんどの人は生まれた故郷にあります。

    奥さんは湖南省の出身ですので、妊娠5ヶ月のときに湖南省まで行ってきました。

    片道7時間もかかるので、妊娠中の身には本当に大変のようです。

    この証明書ですが、本当に妊娠しているか?、一人目なのかを検査(超音波や診察で)するので、妊娠している状態で本人が行かなければならないのです。

    日本では考えられませんが、中国ならではの不合理な手続きといえますね。

    証明書の発行は無料ですが、お役所の役人は当然にように賄賂を要求してきます。

    賄賂を払わないと、発行してくれません。

    普通の中国人なら300元払えばOK(暗黙の了解があるようです)ですが、私が日本人だったせいかアレコレと難癖をつけてきました。

    お前は日本人だな。日本に子供が居ない証明書が必要だ!』と。

    私は日本人ですので、仮に子供がいても関係ありません。

    『事前に役所に確認している。そんな書類は不要と言っていた!』と私が言うと、

    日本の証明書が無いと、発行できない』の一点張り。

    つまり、賄賂をたくさん払えと暗に言っていたんでしょね。

    ここで私の奥さんが激怒して、役所の偉い人に電話で相談しました。

    するとその偉い人が役人に速攻で電話して、かなりきつく説教したようです。

    その後、その役人の態度は豹変し、証明書をすぐに発行してくれました。

    300元も不要でした。

    まぁ、本来は無料ですからねぇ。。。

    田舎の役人でも特権意識が強く、すぐにお金を要求するのが中国なのです。

    でもここまで露骨なのは初めてでしたね。

    深センではこんな経験はないです。

    逆に田舎の方が、昔ながらの特権階級意識が強いのかもしれません。

    私の奥さん、偉い人にけっこう顔が効くので今回は助かりました。

    でも、何でそんな偉い人知ってるの?。

    ちょっと気になるけど、、、まぁいいか。

    無事証明書を入手すると、病院で『母子手帳』を発行してくれます。

    これで深センの病院で出産できるようになりました。フゥ〜。

    つづく。

    にほんブログ村 海外生活ブログ 深セン情報へ
    にほんブログ村 ← 面白かったら、ポチッとお願いします。

    posted by: ハルウララ | 中国での出産 | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |